くるり、ジェイアール京都伊勢丹20周年を記念した曲「特別な日」を書き下ろし

くるりが京都・ジェイアール京都伊勢丹の開店20周年を記念したオリジナル楽曲「特別な日」を制作。本日9月6日から3週間にわたり同館内で放送される。

くるりが京都・ジェイアール京都伊勢丹の開店20周年を記念したオリジナル楽曲「特別な日」を制作。本日9月6日から3週間にわたり同館内で放送される。

「特別な日」は9月11日にオープン20周年を迎えるジェイアール京都伊勢丹からオファーを受け、京都出身の岸田繁が書き下ろした楽曲。岸田はジェイアール京都伊勢丹のスタッフからこれまで働いてきた中でうれしかったことやつらかったことなどをヒアリングし、それらの気持ちをもとに曲を制作した。歌唱は従業員が担当し、9月20日に同店のオフィシャルサイトおよびYouTube公式チャンネルにて公開されるプロモーションビデオにも総勢300人の従業員たちが出演している。

この楽曲について岸田は「それぞれの日常という名の『特別な日』を演出するために、デパートのスタッフ達の笑顔と気持ちがあるのです。『一期一会』を大切に、たくさんの人々の日常こそが『特別な日』なのです。そんなスタッフ達の気持ちをひもといて、こんな曲を作ってみました」とコメントしている。

岸田繁(くるり)コメント

京都駅ビルが新しい姿に生まれ変わって幾分かの月日が過ぎました。1200年以上の歴史を誇る京都の街の玄関口には、市民の皆さんやビジネスマン、学生、そしてたくさんの観光客が毎日行き交っています。駅ビルの中にあるジェイアール京都伊勢丹では、たくさんの人々がそれぞれのお買い物をしています。家族や友達の誕生日、記念日のギフトだったり、普段頑張っている自分へのプレゼントだったり、訪れた京都ならではの気の利いたお土産だったり、それぞれの日常という名の「特別な日」を演出するために、デパートのスタッフ達の笑顔と気持ちがあるのです。「一期一会」を大切に、たくさんの人々の日常こそが「特別な日」なのです。そんなスタッフ達の気持ちをひもといて、こんな曲を作ってみました。